精神科の求人を探す方法

精神科看護師のお仕事帳

特別なやりがいがある精神科のお仕事!

求人はこうやって探す!

精神科に転職する際に重要なのは、事前にどれだけ転職先の情報を集められるかです。どういった患者さんを対象としており、仕事内容はどうなのかを調べると同時に、医療施設の方針や理念なども調べておきましょう。精神科では方針によって提供する看護がまったく異なるからです。ここでは、自分に合う求人を効果的に探す方法を紹介していきます。

求人はこうやって探す!

情報収集が大切

情報収集が大切

精神科は施設ごとに看護の方法が異なります。中には、精神科が未経験であってもいきなり現場に放り出されるようなところもあります。男性看護師の場合は特に、暴言や暴力行為のある患者さんへの対応のためにすぐに現場に出されるケースがあるようです。しかし、こういった情報を集めるために施設のホームページやパンフレットをみても、その施設の長所しか書かれていないので実態をつかむことはできません。

転職エージェントの利用がカギ

転職エージェントの利用がカギ

長所も短所も理解したうえで求人を選ぶためには、転職エージェントの利用が一番です。こちらの条件を伝えて、その条件を満たす転職先を紹介してもらいましょう。職場の雰囲気や仕事内容などの気になる情報も、知っている限り教えてもらえます。細かい情報があれば転職してからのイメージがしやすく、志望動機の作成や面接対策もスムーズに進みます。なにより、入職後にギャップを感じることがありません。転職者のスキルや経験を加味したうえで求人を提案してくれるので、自分一人で探すだけでは気付かないような新たな可能性を見つけることができます。以下に、おすすめの転職エージェントを紹介します。
まずは「看護のお仕事」です。業界トップクラスの求人数を誇り、経験豊富なキャリアアドバイザーによる多角的なサポートで転職を成功に導いてくれます。

  • 精神科で働くなら
  • 看護のお仕事

次に「メディカルジョブズ」です。医療業界の転職ノウハウを熟知したコンサルタントが、転職者にベストマッチする求人を探し出してくれます。

  • 精神科で働くなら
  • MEDICAL JOBS

求人情報のココをチェック

求人情報のココをチェック

求人を探す際にチェックすべきポイントは、「給与体系」「労働環境」「看護理念」「患者さんの疾患レベル」です。転職するだけではなく、その後も長く働いていくためにはこれらが重要です。特に看護理念や患者さんの疾患レベルは仕事内容に大きく関わります。精神疾患の治療は患者さんごとにアプローチが異なりますので、納得のいく看護を提供できる転職先を探しましょう。
自分だけでは数件の求人にしかアプローチできませんが、転職エージェントなら同時に複数の求人にアプローチができます。それに加えて労働条件や年収などの条件交渉を行ってくれるので、非常に効率的な転職活動が可能になります。

精神科の看護師として働くために

about

当サイトは精神科で働く看護師の仕事について詳しく紹介していきます。転職のコツなども紹介していますので、精神科の仕事に興味のある人はぜひ当サイトの情報を参考にしてください。【当サイトお問い合わせ先】